この記事を読んでいるということはアコムやプロミス、銀行などでのカードローン、クレジットカードのキャッシング枠を使って借金をしている人がほどんどかと思います。 そして現在借金が返済出来なくて悩んでいるからどうしようかと思っているのではないでしょうか。 もちろん返済出来ないのはしょうがないし、どうしようもないですよね。 しかし、そんな事を言っても延滞金は発生するし、督促はされるし、長期間返済出来ない状態が続くとなると裁判所から通知が来る事になって事態は最悪になってしまいます。 そこでそんな風にならない為にはどうすればいいのでしょうか?

借金返済が出来ない時の最終手段が債務整理

借金返済が出来ない時は債務整理を検討するべきかもしれません。 債務整理といっても方法は大きく任意整理、個人再生、自己破産に分かれているので、私達のような法律に全く精通していない人達には判断が出来ません。 そこで法律に精通している弁護士や司法書士に判断を委ねるのが一般的なんですね。 でも弁護士や司法書士のような専門家に任せるとなるとお金がかかりそうで大変なのでは?と思っている方も多いのではないでしょうか。 中にはそんなお金があるなら借金返済に充てているよと思うかもしれませんね。 決してそんな風に思うのもおかしくはありません。 通常であれば30分の相談で数千円とお金がかかる事務所も珍しくないですからね。 しかし、最近では借金に関する相談を無料で行っている弁護士事務所や司法書士事務所は多いです。 中には何回でも相談が可能であったり着手金がゼロ円だったりするところもあったりします。 ですので借金が返済出来ない時は、なるべく早めに弁護士や司法書士に相談をするべきだと思いますし、早めであればあるほど手続きも簡易的で済む場合があるからです。 やはり病気でも早期発見であれば治療は出来ますが、発見が遅れると手遅れになる事もありますよね。 借金の場合は手遅れになる事はほぼほぼありませんが、早めに相談すればするほど選択肢は広まり、債務整理をするにあたってデメリットが少なくなります。

借金返済中の人は要注意!過払い金請求のリスクは本当にない?

過払い金請求をすることによるリスクは本当にないのか?借金返済中の人は要注意かもしれません。

過払い金請求の手続きについてを理解すること

過払い金請求とは払いすぎていた借金の利息分が出ていた場合に、引き直し計算と呼ばれる本来の利息の場合との差額を過払い金として返還を求める手続きです。 ですので、過払い金が発生している場合には現在借金を返済していても完済をしていても返還を求められるのです。 しかし、ここで注意しなければいけないのは過払い金請求として手続きが行われるのには借金が完済することです。 先程の説明とは少し矛盾した話になりますが、現在借金返済中の場合ですと過払い金請求として手続きを済ませる為には過払い金と借金の残りとを相殺して完済させる必要があるということです。 元から借金を完済していて返還を求める場合には確実に過払い金請求として手続きが出来るので何のリスクもなく返還請求が出来るということです。

任意整理は借金が残っている状態

過払い金請求と任意整理では借金が残っているかどうかで決まってきます。 借金返済中で過払い金を含めても借金が残るようなら任意整理としての手続きとなります。 結果として債務整理なので信用情報機関に登録されてブラックリストとなってしまいます。 最近では過払い金請求を謳うCMや広告をよく見かけますが、手続きをする前にリスクがある時もあるのでしっかりと理解しておきましょう! 一般的には弁護士や司法書士の先生から説明がされるはずです。 一度過払い金に思い当たる節がある人は相談してみるのが良いでしょう。

過払い金請求のリスクとは?

完済している場合にはリスクはないとしていますが、リスクとは捉えられませんがリスクと呼べるような事もあるので紹介しておきます。

請求先から今後借入が不可になる

過払い金の返還を求める会社から今後借入ほ出来なくなってしまいます。 貸す側としては、当時の契約の合意の元で借りているわけですから、都合よく返還を求めてくるなんて虫の良い話なので借入は出来なくなります。借入先は他にもたくさんあるので請求先の会社に固執せずに他の貸金業者から借入は出来るはずなので問題はないはずです。

借金していた過去がバレる可能性がある

今まで内緒にしていた借金がやっと払い終わって、ふぅ〜としていたのが過払い金請求をすることによって借金していた事がバレる可能性があります。 バレる可能性があるのは貸金業者からの電話や郵便物、また裁判で過払い金を争う場合には裁判所からの郵便物などバレない可能性はゼロではありません。しかし、弁護士や司法書士などの専門家へ依頼をすればバレる事はほぼほぼなくす事が出来るはずです。

過払い金よりも弁護士や司法書士への報酬の方が高くなる

これは悪質な弁護士事務所、司法書士事務所に多いですが、過払い金の成功報酬は自由に決められる事が出来るので悪質な事務所であると無茶な報酬を取ってきます。 日弁連、日司連に属している事務所であればある程度の報酬割合が保たれているので、確実な事務所を選ぶなら属している事務所がおすすめです。 過払い金よりも報酬の方が高いとなんの為に手続きをしたのか分からないですからね。